騒いでいるお客様に静かにしてもらいたい時、なんて言えばいいでしょう?

様々な言い方がありますが、まずお客様なので、丁寧にお伝えする必要があります。
そこで、パンフレットに掲載されている4つの表現は全て不適切と言えます。

Be quiet please. ➡静かにしてください。
Could you be quiet? ➡静かにしてもらえますか?
Shup up please! ➡うるさいです!
Would you mind being quiet?➡静かにしていただけますか?

普通、お客様にこんな言い方しませんよね?
答えは決して一つではありませんが、できるだけ失礼にならない言い方の例として、以下の物があります。

I’m sorry to bother, but would you tone it down a little?
➡(お楽しみのところ)お邪魔して申し訳ございませんが、少しだけトーンを下げて頂けますでしょうか?

このように英語には様々な表現があります。

より皆様のサービスに適した表現を使えるようになりましょう!